2017/04/21

陽のあたらない商店街



数年ぶりにオヤヂラヂヲでリアルイベントやります。

「地域のために!」だとか「シャッター商店街の活性化!」だとか、そんなタイソなことではなくて
相方の「フリマやりたいんっすよね、ギトさんとこの屋上ででも…」のひとことに
そんなら商店街にシャッターのしまってるお店貸してもらえないか訊いてみよかー
ってとこからはじまりました。
声をかけたひと、なんだかみんなおもしろがってくれてどんどん出店が増えてます。

楽しみだなあ。
お祭りが苦手でフツーのノリにノリきれない我々なので、嘘くさいから騒ぎにはならないと思います。
おもしろがるための準備は本気で。

2017/04/07

大日6商店街


何日か前の朝の光景。
商店はまだ開店前で、朝早い弁当屋さんやお惣菜さん屋だけが仕事を始めているころ。
歩いている人も、遅めの出勤かバイトのために駅へと向かう、ただ通路として使っている人だけ。

昼になっても通りのシャッターはほぼそのままで、肉屋さんやお茶屋さん、商店会会長をされてる花屋さんといった
数店が日々商売を続けているという、「商店街!」とおっきな声で言うには少し寂しすぎるかもしれない商店街。
それでも立派なアーケードが4,5,6丁目の3ブロックにわたって連なっていて、
以前からそのままになっているアーケードから下がった電灯看板をみるといろんな業種のお店があって
かつては人通りも賑やかでずいぶん活気があったのだろうということがわかる。











お商売を続けるのにもやめてしまうのにもそれぞれ理由と事情があるのだろうし、
シャッターを下ろしたままの店舗や看板をそのままにしているのも、そこにもまた何かしらの理由があるのだろうと思う。
至近の違うエリアを積極的に掘り起こしてリーシングしている某不動産業者が視察に来て「ちょっと厳しいなあ…」と言いながら帰ったというように
ビジネス本位で考えればもうすでに見放されたエリアなのかもしれないし、
かつて店舗だったところどころはマンションに建て替わっていきつつもあって、
商業地から集合住宅地へ変化していくのも、それが時代の流れというものかもしれないとも思う。
自分自身も、まとめて食材を買おうと思えば、10数分離れたもっと店舗も多くて人通りも多い賑やかな通りやスーパーに行くというのが実際のところで
とりたてて珍しい商品があるわけでもなく、新しい試みがされているわけでもなくて、極めてフツーの
おそらく日本全国にごまんとあるだろうと思われる斜陽が迫る商店街。
それでもやっぱり昔ながらの商売を続けている商店があって、その店舗にとっては昔も今も変わらず商売の場であって、
そういうお店がある限りは続いていけばいいなと思う。商店街としても。
ただただノスタルジックにやみくもに「古いものを残していかなければならない」と思っているわけではないし、
変えたほうがいいなあと思うところやも少しこうしたらいいのになと思うようなところもあるけれど、
それはそれでご本人たちの選択と意識で変えたり変えなかったりでいいかとも思っているし。
ただ、なんかしらん好きだなあと思うだけ。
とりたてて話題になることもなく、今っぽい売れ筋要素もPR要素も何ひとつなくて
むしろつまんない商店街かもしれないけれど、
淡々と粛々と、なにげなく日々の商売を続けてるのがいいなあと思うので、残ってて欲しいなあと思う。

たまたま近くに越してきただけの近隣のものにすぎなくて、
なんとかしなくては!!  というような大層な思い込みや思い入れがあるわけでもなく、
まして、「親切の押し売り」と思われるのが嫌で自分から進んで人のために何かをしようとするのは
なかなかできないタチだったりもするのだけれど、自分のできることがあればお手伝いはしたい。
そのうちに。








2017/03/29

LIFE2011 〜いつものように



昨年、イベント用に無音で作っていたスナップ写真のスライドショーに、ギターのおっさんの曲をつけました。
自分の写真映写をバックに、複数のミュージシャンが演奏するというイベントでしたが、
「人の営みの感じられる写真で」とのリクエストだったので、日々大量にスナップしていた2011年の写真からセレクト、
特に長さを気にせず尺もなりゆきで作ったスライドショーですが、
尺もテーマもギターのおっさんROKUSHIMA氏の曲にちょうどはまりました。

ROKUSHIMAのオリジナル楽曲はオンラインでダウンロード購入できます。

ALBUM [ROKUSHIMA II]
http://www.tunecore.co.jp/artist?id=167600

2017/03/15

Parisからとどいた、「夜にあやまってくれ」その後。



昨年10月、枚方蔦屋書店にて開催された歌人・鈴木晴香さんの短歌集「夜にあやまってくれ」の出版記念イベントに
同じく歌人・岡野大嗣さんとともに自分も声をかけていただいて参加した。
短歌と写真、文字とビジュアルという表現形式の違いはあるけれど、切り取った刹那を定着させるというような作業に
どんな共通項のようなものがあるのか、またはないのかというようなこと、
それぞれの作品を見ながら、それぞれがどのような意図や意識で何かしらの表現行為をしているのかというようなこと、
またそれを見る側はどのような受取り方をしているのか、というようなことをお話した。

イベントから2か月ほど経って、鈴木さんから、「we」という短歌と俳句の文学誌が企画した
「夜にあやまってくれ」の出版記念の特集ページに、イベントレポートとして寄稿される旨のメールをいただいた。
もちろん異議も支障もあるはずもなく、当日壇上から撮った写真の使用も含めてご自由にとお答えしていたのだが、
今朝、鈴木さんから掲載誌面の複写が送られてきた。
半年ほど前のことでもあるし、その時に自分がどんなことを話したのかも忘れてしまったのだけれど、
拙写真についても多くの文字数を割いて理解をしてくれていて、その理性的で衒いのない美文に
ああ、そうであったなあ。と。外出時には必ずカメラを手に持ち撮っていた頃の初心を思い出したりもし、
このところめっきり撮らなくなっていた「かすめ撮るスナップ」も、また撮らねばな、という気持ちにもなった。

文中で触れられている写真は、おそらくこの写真だろう。
撮影日付で管理している画像のファイル名を見ると、2011年の写真。いちばん枚数を撮っていたころの写真で自分でも好きな一枚だ。


「we」は、西田和平さんという方が作られている同人誌とのことで、
あまり流通はしていないそうだけれど、中崎町の「葉ね文庫」で取り扱っていることのこと。

鈴木晴香 著 「夜にあやまってくれ 」(新鋭短歌シリーズ28)
単行本(ソフトカバー): 144ページ
書肆侃侃房  刊

鈴木さんはイベントのほんの数日後に、ご主人の仕事の都合でフランスへと引っ越しをされて、現在パリ在住。
ええ〜!早いこと荷作りしないとダメじゃないですか!!と、バックヤードで驚いたのは鮮明に覚えている。



2017/03/10

LINEスタンプ長者への道

「LINEスタンプ作ったらいいやん」とか「けっこうサイドビジネスになるみたいやでー」とは、
もう何年も前からひとから言われていて、それでも作る気にならなかったのは自分がLINEをやってなかったから。
いちおう2年くらい前にインストールして始めてはみたものの、頻繁にやりとりをする相手はひとりだけだったし、
同窓会とか飲み会のグループラインだとかに組み入れられても着信は半年に一回とかそんなもんで、
やがて唯一の相手もどこかに消えて、ほぼ使っていない状態だったのだけれども。
ある時、なんかの間違いで自動登録をオンにしたみたいで、
アドレス帳に載ってる相手が一斉にラインの相手として登録されたので、それから徐々に使うようになったけれど
それでもやっぱり、メールでもメッセージでも長文が基本だし、スタンプを使うってことはまずなかった。

退屈しのぎとか電話しながら時々描いてるラクガキをまとめて、年に一回とか半年に一回このブログにもアップしてたけど
昨年フェイスブックにアップしたら、「スタンプにしたら〜」というコメントをもらって、作り方ページを教えてもらい、
今年になってようやく「戯画」のLINEスタンプ化が実現す。

最初の登録となった、シチュエーション・スタンプ。
はりきって着色もしたけど、気合い入りすぎて細かすぎたかも。な、第一弾。
スタンプ名は【とりあえず枝豆みたいなの】
http://line.me/S/sticker/1389902


そして、戯画本来のシンプルな脱力感に立ち返った、シチュエーション・スタンプの第二弾
スタンプ名【もうほっといてほしいねん】
http://line.me/S/sticker/1399376


もうひとつ、FBでリクエストされた「ネコ(うらめん)」をフューチャーした
ヘタクソどうぶつの絵シリーズのスタンプ【どうぶつ(あーつかれたし)】
http://line.me/S/sticker/1398797


LINEスタンプはLINEスタンプショップに日々刻々と新しいスタンプがアップされていて、
「新着リスト」でも、23時に販売開始となった自作スタンプも、翌朝にはもうすでに
さらに新しいスタンプが100個くらい上に並んでいるというような状態。
人の目につくのは至難の技で、いかにキーワード検索にひっかかるかというのが勝負らしい。
ということで言えば、自作の3つはどう考えてもフツーの人が検索しないような名前をつけていて
もう全然無理めの展開。
今後も暇を見ては戯画をスタンプ化していくつもりだけれど、まずネーミングが課題として残る。
次はオヤヂラヂヲかなあ、とも思うけれど、これまたフツーは誰も検索しそうにないなあ。

2017/01/19

厄年の人

正月が過ぎれば近所の商店街やら辻々に「厄除祭」というポスターと幟がやたら目についていて、
近くの企業に大阪から商談に来た帰りにウチにも立ち寄ってくれた男が今年数え歳で厄年だというので、
晩メシでも食べようかーのついでに、ちょうどいいやと連れ立って近所の八幡神社へ行ってみた。






自分の厄年がどんなだったかまるで覚えてないし、このところはとりあえず毎年が厄年みたいな感じなのだけれど、
たぶん信心深い(というか、迷信だろうが寺社のプロモーション的行事だろうが、慣習には積極的な)母親から
「厄払いに行っとけ」とか言われても、「地震で亡くなった人々のうち厄年でない人はどのくらいの割合でいたのか」などと
憎まれ口を叩いて厄払いにも行かなかった自分が、今年は年明けから、近場の寺や神社ばっかりに参じている。

2017/01/08

雨の須磨寺



三が日も過ぎて、冷たい雨の降る日。
ひと気のない須磨寺へ。









門前の愛染不動明王社



阪神大震災の犠牲者を悼むお地蔵さん。





山門をくぐってすぐ右手奥に鎮座する千手観音像。





















義経腰掛松。



背後にはすぐ山の木々が迫り鳥の啼き声が響く。









地蔵も濡れる。石碑も濡れる。冷たい雨の中。









読経の声聞きながら、鐘をひとつ衝いて寺を後にす。











屋根も濡れる。地蔵も濡れる。寺前の商店街の山茶花も。



カーブの途中にある山陽電車須磨寺駅は、電車がホームへ入線する姿もなかなかの風情。







ぜんざいを食べようかと思いながら結局、鳥なん蕎麦を食べて、「大師餅」を買って帰る。蕎麦屋のおばさんに「今日静かですねー」と言うと、おばさん酒灼けの声で「雨やしこんなもんやねー。まあお大師さんの日ぃーはえらいことなるけどな」だそうな。

えらいことになる初大師は1月20日と21日。