2016/07/26

いいひとたちとはなす

おもに写真用に使っていたmacbook pro 17inchがいきなり不具合。
1年ちょっと前にAppleからリペアプログラムが発動されてロジックボードの無償交換というリコール対象の症状とまったくおなじ、
電源をいれて起動させようとすると画面がストライプ状になってシステムが起動できないというもの。
リコール前までは1年くらい、ときどき発症したりときどき正常になってたりしたのでこまめにバックアップをとっていたり
あまりメインでは使っていなかったのだけれど、交換後はちょっと安心して写真関係の作業はほぼこのマシンでやっていたので
ある程度まとまってからバックアップをとる感じになっていて、この3カ月ぶんくらいの画像データがほぼ闇のなか。



何度となく再起動と修復プログラムを試したけれど、一向に正常になる気配がないので
とりあえずなんとかせねば、とAppleサポートに電話をしてみる。
オープン受付のサポート担当→スペシャリスト→ケアサポート担当と次々電話を引き継いで
半日がかりで不具合の状態把握とシステム的には修復不能なことを理解してもらったけれど、
リコールのリペアプログラムは1回きりで今度は有償になるという。
ロジックボードの不具合は明白な上に、その原因は筐体設計上の問題だということも
Apple内のユーザーフォーラムやFBのグループページでさんざん言われてきたことで、
交渉のすえ「今回は特別に」というエクスキューズつきで無償修理してくれることになった。
交渉とはいってもそれほど強くねじこんだというわけではなくて、
どちらかというと「困ったなあーつらいなあー」というような泣き落としの感じだったけれど。

もともと、ひとが厭がることめんどくさがることをさせようとしたり頼んだりするのが苦手なので
交渉ごとはとても不得意だし、仕事でもプライベートでも自分から人にものを頼むことはあまりない。
電話も苦手だし、サポートセンターに電話して納得のゆくサポートを受けられたこともあまりないので
今回も、あまり期待せずにとりあえず電話してみた感じで無償修理が可能かどうかを確かめたくて、
修理をしなければ困ったことになること有償修理となるともっと困ったことになること
17インチのmacbookが現行ラインナップにないので続けて使いたいことなどを正直にお話しただけで
ダメならしょうがないなあーという感じでいたら、向こうが事情を鑑みてくれた感じ。
交代で話した電話の向こうの3人とも、それぞれ自分の職務の範疇で親身になってくれて理解も早く
この手のサポートセンターの対応にありがちなイライラすることもなくて
終始ふつうのトーンで快くお話することができた。
いい結果になったからというだけではなくて、ちょっとAppleを見直した。

どうもいいことがあまりなくて、特に人に対する不信感が募っていたり
人とのコミュニケーションに疲れがちなこのごろだっただけど、ひさしぶりにほっとして心がやわらいだ。
あとは、闇のなかのデータを取り出さないと。




写真はDTPの仕事メインに使っている別のmacにコピーしていた最新のデータ、4月半ばの画像。




2016/07/15

グっときた歌人・岡野大嗣の短歌に勝手にビジュアルをつける
【勝手にコラボシリーズ】



もう声は思い出せない でも確か 誕生日たしか昨日だったね


2016/07/05

デジタル写真集「神頼み」

写真家・横木安良夫氏が主催するデジタル写真集出版プロジェクト「CRP」より、拙著「神頼み」が発売になりました。
2012年に自主制作の写真集として印刷出版したものをCRPのフォーマットに準じて再構成したデジタル写真集です。



https://www.amazon.co.jp/dp/B01HYUEXOM

神仏の膝下で渦巻く、市井の人々のオモシロ哀しくて切ない真摯な願いや、愛しいほどに激しくて生ぐさい欲望と、その周辺の光景を記録した写真集です。
絵馬の文面を英訳(ちょっと解説も)したインデックスページを加えて全80ページ。イキったカフェのアイスコーヒーよりお手軽価格の400円での販売となっております。
どうぞお手元にー。
Kindle写真集は、KindleReader等の機器をお持ちでなくても、無料アプリをダウンロードすれば、PCはじめiPhoneやiPadその他のモバイルデバイスでも簡単にご覧いただけます。
オレみたいなやつでも、もうちょっと生きててもいいかなあーという気になれる写真集です。よろしくお願いします。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HYUEXOM

2012年の出版の際、また今回のデジタル版の出版にあたり、絵馬解読と翻訳にご協力いただいた米国在住むしはかせに感謝いたします。

デジタル写真集出版プロジェクト「CRP」については
http://www.photoxcamp.com/

その他のCRPデジタル写真集の拙著
「I'm home --nada-oujikouen 2015」
https://www.amazon.co.jp/dp/B01HYUEXOM

「in the real --on the train KOBE-OSAKA 2009-2012」
https://www.amazon.co.jp/dp/B019UQRKCU

「三回忌 --Buddhist sermon of the second anniversary 2009」
https://www.amazon.co.jp/dp/B01AXYIXJ2

いずれも1ダウンロード250円にて絶賛発売中!

2016/06/20

雨あがり





「送りました」っていうメールが 受信できてないというのが2回ほど続けてあって、
それが進行真っ最中の仕事の要件で同じ相手からのものだったので、
「こっち送信済みになってますけどねー」つって、ため息まじりに言うため息があんまり深いもんだから、
「他の人からのメールは受信できてるのになあー」とか思いながら、
とりあえず不安は解消しとかなきゃと思ってプロバイダのホスティングサービスに問い合わせてみたところ
どうもこちらのアドレスとパスワードを使ってどっかからスパムメールが送られてたようで、
そのどっかの誰かがアクセスしてる間はこちらからメールを読みに行こうとしてもアクセスできず
その間に受信したメールはジャンクメール扱いになっていたらしい。

小一時間、電話と画面共有でリモートサポートを受けながらメールアカウントの設定をやり直して、とりあえず解決。
その間受信できずにジャンク扱いでサーバーにたまっていた200通弱のメールを一気にDLして必要なものだけ残すべく選り分けて取捨。
メールブラウザに表示されている「未読」の10というのが気になって、
数年前からのメールを全部チェックして未読のままでアーカイブされていたものを確認して、それもまた不要なものを消す。
という作業をしていたら、仕事メールに混じって私信のメールもちらほらとあって
大掃除の手紙や手帳の類と同じく、眼に留まったメールをついつい読みふけってしまったりする。
今はもう音信不通になってしまったような人とのやり取りや、自分が書いてることや忘れていたような相手からの言葉がまたよみがえり
感慨深いやら、現在とはずいぶん違う当時に思いを馳せてどこで間違ってしまったのか、と悔いてみたり。

仕事相手や取引先は、継続して仕事をしていれば依頼する方もされる方もマンネリ化してきて
だいたい3年くらいで状況や方向性が変わったり、新しいイメージや企画を求めるようになるので
そこでうまく対応できなかったり、とりあえず手を変えてみようかというようなことになって依頼が来なくなる。
こちらはそうそう大きくはやり方を変えることもできないので、案件依頼の連絡が来なくなれば
「ああ、そろそろそういう時期なのね」と割とあっさりと身をひくようにしているのだけれど、
個人的なつきあいでも、3年というのはけっこうそんな感じの時間でもあるようで
密に連絡が来ていたり、なんだかえらく興味や関心を持たれてるなあというような人でも、
だいたい3年くらいで飽きられたのか他に興味が移ったのか、なんとなく離れていく。
自分は人についても物事についても、一気に入れ込んだり距離を縮めるというようなことが滅多になくて
ゆっくりと近づいてじわじわと馴染み、興味や関心を持てばそうそう飽きるということはないので
こちらが十分に思い入れを持った頃には相手からの関心が失せているというようなことも、ままあって
そういうところもまた、人づきあいがあまりうまくできない理由のひとつなんだろうなあと自覚する。

ま、とにかく昔のメールなんて読むもんじゃないなあ。
梅雨の終わりころの雨あがり。

2016/05/14

100年生きている工場。

「工場萌え」ではないし、ただただ廃屋や古いものが好きなわけでもない。
生きていて使われていて働いているからいいんです。
工作機械も道具も、工場の建屋そのものにも、それが存在する理由があってそういう形になっている。
機能美であったり使い込まれて変形したり汚れたりした働いてきた歴史が美しい。
人物スナップや美術作品を撮るのと同じく、場所や物についてもいつも美しいと思う部分や形、
対象物が輝いて見える光や空気をさがしていて、自分なりにここだこれだと思う絵が
それがいちばん魅力的だと思えるような絵になっていれば嬉しいし、
その美しさが多くの人にも伝わって、
そのものその人その場所が魅力的だと思ってもらえればさらに喜ばしい。





























株式会社 サッパボイラ

2016/05/01

卯月晦日。


歩くのが苦じゃないタチの大阪から来た 奈良出身の人を案内して、春日野道から二宮筋まで夕暮れの変哲もない道を歩く。







特になにがあるというわけでもない道すがら、気になるものがあれば撮る。




しばらく川を眺めていたりする。それを眺めていたりする。





オススメの壁。「変電所みたいですね」「そうなんかなあ。あーそうですね」 






二宮商店街のアーケードはいい感じに傷んでいる。このままで。もうちょっとこのままで。