2017/06/08

いい顔




仕事場のあるビルの2階に、「障がい者の就労支援」のNPO法人がある。
ワンフロア全部がその会社になっていて、手前に事務所、突き当たりの奥の扉の向こうが作業場になっているようで、
ときどき階段で、作業に来ている青年たちが荷を運び入れたり運び出したり、荷物リレーしているところに遭遇する。
数人から、ときには10人くらい階段に居並んだ彼らが荷物リレーを中断して、俯いたまま静かに道をあけてくれたり、
「こんにちは!」と挨拶してくれるいい顔に、いつもほっとさせられる。

2017/06/02

第64回 芦屋市展/芦屋市立美術博物館

芦屋市の南の方、海にほど近いところに「芦屋市立美術博物館」というこじんまりした美術館があります。
2本の国道から少し離れて住宅街のどん詰まりに市立図書館、谷崎潤一郎記念館と並んで建つ文化的施設ですが、
芦屋ゆかりの「具体」の作品や、中山岩太やハナや勘兵衛が作った日本の写真クラブの先駆け「芦屋カメラクラブ」の
作品を所蔵する美術館です。
設計は坂倉建築研究所、1990年。
http://www.sakakura.co.jp/info/works/museum/page/2/

お金持ちのいっぱいいる芦屋市にもかかわらず、2003年には財政難という理由から休館の方針が示されて、
以降紆余曲折ののち、現在は民間委託という形で小学館集英社プロダクションがNPO団体と共同運営をしているとのこと。
(このあたりについては当時はずいぶん話題にもなっていたようで、ネット上に関連記事が散見します)
・WIKI/芦屋市立美術博物館

・芦屋市HP/芦屋市立美術博物館の指定管理者評価について

・大日本印刷サイト[ARTSCAPE]/学芸員リポート2006年6月



そんな事情も知らず、ときおり展示される「具体」作家の所蔵作品展示や何かしらの展示に訪れるたび
オーディエンスが少なくて静かに鑑賞できる落ち着いた雰囲気と、回廊的に作られた2Fへの階段導線や
前庭の雰囲気が好きで、西宮大谷記念美術館とともに好きな美術館のひとつなのでした。

昨秋から毎月、グループ展やソロ展示と続いていた波が2月で終わり、少し落ち着いていた
(と言うよりモチベーションがなくなって、「なんで写真やめたんですか?」というような問いを想定しては、
それに対するイカす返答ばかりを考えていた)のだけれど、
G.W.開けにネット上で同公募展の情報を得て、応募してみる気になったのでした。
「県展」や公募展を観るのは好きだったのだけれど、写真の海外コンペ以外はその類のものに応募したことがあまりなくて、
成果を期待するのではなく、「そこで展示されている自分の作品を見てみたい」と言う気持ちで。
募集作品が「平面」と「写真」の2部門、それぞれに規定サイズがあり、各1点ずつを出品してみたところ、
幸いなことに両方とも入選とのことでめでたく展示されることになりました。
「平面」作品の方は「審査員特別賞(賞金ナシ、賞状あり。らしいw)」というお知らせがきたのですが、
「平面」作品の審査員のなかには、以前Gallery ASHIYA Shulleで作品を撮影させていただいたことがある今井祝男さんと
敬愛する画家・児玉靖枝さんがいて、さて、どちらが特別に褒賞してくれたのか、あるいは別の審査員の方が推してくれたのか、
平面作品についての講評会が6月18日に行われるようで、できれば詳細を聞いてみたいと思います。

芦屋市展
http://ashiya-museum.jp/
6月3日(土)〜7月2日(日) ※月曜休館
芦屋市立美術博物館/芦屋市伊勢町12-25

2017/05/30

Bun Bun Flowers

大阪・新町のatelier spontanementが、装い新たに、また小売りもする花屋「Bun Bun Flowers」として再オープンした。


以前の白漆喰と古木で作られていた、よく言えばフレンチシック悪く言えばちょっとビンボーくさい内外装とはガラリと変わって
ネイビーに塗られた外壁ファサードにオークの戸窓がなんだか上質感を漂わせていた。







作業と花材保管のアトリエとして使っていた頃でも、センスのいいアレンジやブーケを作っていたけれど、
小売り用に置かれた切り花だけでも、目利きのセンスは確かであって、それだけでもう写真を撮りたくなるような花と置かれかたで
久しぶりに「写真撮っとこかな」ではなく、「うまく写真に撮りたい」と思った。
spontanementとしてオープンして以来、「裏の通りの人」「いや、こっちが表側やっっちゅうねん」と言うような
かれこれ10年以上の背中合わせの近所付き合いで
思えば、花を見ること写真に撮ることについては、特に何かを教えられたわけではないけれど、
感覚としてスポタネにずいぶん鍛えられていたのだなあーとあらためて思った。
センス不要の図鑑のような写真は図鑑で見ればよく、写真家が撮る必要もないものだ。
花をただ小道具として使うようなスタイリングの写真もまた、それは「花の」写真ではなく。
花そのものを愛で、慈しんだり畏れたり、あるいはシビれたりする感覚は、知識や技術とは違うもの。
マニュアル的に撮り方やノウハウをなぞるのではなく、いい花とセンスのいいアレンジを常時見ていれば、
自然に、おのずから、独りでに、花を見る目も花を撮る感覚も身につくのだろうと思う。
そう、自然発生的に。spontanementに。

かれこれ2年くらい、スポタネの花を撮らなくなって、
自分はずいぶん花の写真がヘタクソになった。。。



Bun Bun Flowers
大阪市西区新町2丁目17-3 新町アパート1F

2017/04/21

陽のあたらない商店街



数年ぶりにオヤヂラヂヲでリアルイベントやります。

「地域のために!」だとか「シャッター商店街の活性化!」だとか、そんなタイソなことではなくて
相方の「フリマやりたいんっすよね、ギトさんとこの屋上ででも…」のひとことに
そんなら商店街にシャッターのしまってるお店貸してもらえないか訊いてみよかー
ってとこからはじまりました。
声をかけたひと、なんだかみんなおもしろがってくれてどんどん出店が増えてます。

楽しみだなあ。
お祭りが苦手でフツーのノリにノリきれない我々なので、嘘くさいから騒ぎにはならないと思います。
おもしろがるための準備は本気で。

2017/04/07

大日6商店街


何日か前の朝の光景。
商店はまだ開店前で、朝早い弁当屋さんやお惣菜さん屋だけが仕事を始めているころ。
歩いている人も、遅めの出勤かバイトのために駅へと向かう、ただ通路として使っている人だけ。

昼になっても通りのシャッターはほぼそのままで、肉屋さんやお茶屋さん、商店会会長をされてる花屋さんといった
数店が日々商売を続けているという、「商店街!」とおっきな声で言うには少し寂しすぎるかもしれない商店街。
それでも立派なアーケードが4,5,6丁目の3ブロックにわたって連なっていて、
以前からそのままになっているアーケードから下がった電灯看板をみるといろんな業種のお店があって
かつては人通りも賑やかでずいぶん活気があったのだろうということがわかる。











お商売を続けるのにもやめてしまうのにもそれぞれ理由と事情があるのだろうし、
シャッターを下ろしたままの店舗や看板をそのままにしているのも、そこにもまた何かしらの理由があるのだろうと思う。
至近の違うエリアを積極的に掘り起こしてリーシングしている某不動産業者が視察に来て「ちょっと厳しいなあ…」と言いながら帰ったというように
ビジネス本位で考えればもうすでに見放されたエリアなのかもしれないし、
かつて店舗だったところどころはマンションに建て替わっていきつつもあって、
商業地から集合住宅地へ変化していくのも、それが時代の流れというものかもしれないとも思う。
自分自身も、まとめて食材を買おうと思えば、10数分離れたもっと店舗も多くて人通りも多い賑やかな通りやスーパーに行くというのが実際のところで
とりたてて珍しい商品があるわけでもなく、新しい試みがされているわけでもなくて、極めてフツーの
おそらく日本全国にごまんとあるだろうと思われる斜陽が迫る商店街。
それでもやっぱり昔ながらの商売を続けている商店があって、その店舗にとっては昔も今も変わらず商売の場であって、
そういうお店がある限りは続いていけばいいなと思う。商店街としても。
ただただノスタルジックにやみくもに「古いものを残していかなければならない」と思っているわけではないし、
変えたほうがいいなあと思うところやも少しこうしたらいいのになと思うようなところもあるけれど、
それはそれでご本人たちの選択と意識で変えたり変えなかったりでいいかとも思っているし。
ただ、なんかしらん好きだなあと思うだけ。
とりたてて話題になることもなく、今っぽい売れ筋要素もPR要素も何ひとつなくて
むしろつまんない商店街かもしれないけれど、
淡々と粛々と、なにげなく日々の商売を続けてるのがいいなあと思うので、残ってて欲しいなあと思う。

たまたま近くに越してきただけの近隣のものにすぎなくて、
なんとかしなくては!!  というような大層な思い込みや思い入れがあるわけでもなく、
まして、「親切の押し売り」と思われるのが嫌で自分から進んで人のために何かをしようとするのは
なかなかできないタチだったりもするのだけれど、自分のできることがあればお手伝いはしたい。
そのうちに。








2017/03/29

LIFE2011 〜いつものように



昨年、イベント用に無音で作っていたスナップ写真のスライドショーに、ギターのおっさんの曲をつけました。
自分の写真映写をバックに、複数のミュージシャンが演奏するというイベントでしたが、
「人の営みの感じられる写真で」とのリクエストだったので、日々大量にスナップしていた2011年の写真からセレクト、
特に長さを気にせず尺もなりゆきで作ったスライドショーですが、
尺もテーマもギターのおっさんROKUSHIMA氏の曲にちょうどはまりました。

ROKUSHIMAのオリジナル楽曲はオンラインでダウンロード購入できます。

ALBUM [ROKUSHIMA II]
http://www.tunecore.co.jp/artist?id=167600

2017/03/15

Parisからとどいた、「夜にあやまってくれ」その後。



昨年10月、枚方蔦屋書店にて開催された歌人・鈴木晴香さんの短歌集「夜にあやまってくれ」の出版記念イベントに
同じく歌人・岡野大嗣さんとともに自分も声をかけていただいて参加した。
短歌と写真、文字とビジュアルという表現形式の違いはあるけれど、切り取った刹那を定着させるというような作業に
どんな共通項のようなものがあるのか、またはないのかというようなこと、
それぞれの作品を見ながら、それぞれがどのような意図や意識で何かしらの表現行為をしているのかというようなこと、
またそれを見る側はどのような受取り方をしているのか、というようなことをお話した。

イベントから2か月ほど経って、鈴木さんから、「we」という短歌と俳句の文学誌が企画した
「夜にあやまってくれ」の出版記念の特集ページに、イベントレポートとして寄稿される旨のメールをいただいた。
もちろん異議も支障もあるはずもなく、当日壇上から撮った写真の使用も含めてご自由にとお答えしていたのだが、
今朝、鈴木さんから掲載誌面の複写が送られてきた。
半年ほど前のことでもあるし、その時に自分がどんなことを話したのかも忘れてしまったのだけれど、
拙写真についても多くの文字数を割いて理解をしてくれていて、その理性的で衒いのない美文に
ああ、そうであったなあ。と。外出時には必ずカメラを手に持ち撮っていた頃の初心を思い出したりもし、
このところめっきり撮らなくなっていた「かすめ撮るスナップ」も、また撮らねばな、という気持ちにもなった。

文中で触れられている写真は、おそらくこの写真だろう。
撮影日付で管理している画像のファイル名を見ると、2011年の写真。いちばん枚数を撮っていたころの写真で自分でも好きな一枚だ。


「we」は、西田和平さんという方が作られている同人誌とのことで、
あまり流通はしていないそうだけれど、中崎町の「葉ね文庫」で取り扱っていることのこと。

鈴木晴香 著 「夜にあやまってくれ 」(新鋭短歌シリーズ28)
単行本(ソフトカバー): 144ページ
書肆侃侃房  刊

鈴木さんはイベントのほんの数日後に、ご主人の仕事の都合でフランスへと引っ越しをされて、現在パリ在住。
ええ〜!早いこと荷作りしないとダメじゃないですか!!と、バックヤードで驚いたのは鮮明に覚えている。